おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

魔法科高校の劣等生 SS 感想

あらすじ

二〇九六年度『全国魔法科高校親善魔法競技大会』。
司波達也が、第一高校の技術スタッフとして九校戦に参加する傍らで、魔法兵器『パラサイドール』運用試験計画を阻止すべく『裏』で行動を起こしていた頃。『表』側では、今年も九校戦優勝の栄冠を目指す魔法科高校生たちの、魔法を駆使した熱戦が繰り広げられていた。
モノリス・コードの選手・吉田幹比古が、名家に生まれたプレッシャーとトラウマを撥ねのけるエピソード『竜神の虜(とりこ)』。
新競技ロアー・アンド・ガンナーの選手・エイミィが、不慣れなコンビプレイに挑むエピソード『ショットガン!』。
女子生徒の大一番、アイス・ピラーズ・ブレイクの選手・雫と花音による、美しくも超攻撃的なエピソード『一人でできるのに』。
達也との関係を悟られないよう、九校戦を『無難』にクリアせよ。黒羽姉弟に与えられた課題を描くエピソード『目立とうミッション』。
そして、選手では無いレオとエリカ、二人の隠された過去が解き明かされるエピソード『薔薇の誘惑』。
書き下ろしを含む連作短編集、登場!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 佐島 勤(さとう つとむ) イラストレーター 石田可奈(いしだ かな)
感想

さて、今回は本編から離れた”短編集”となります。
時は遡り二年目の九校戦達也が暗躍していた時の【表】の話が繰り広げられていきます。
加えて、人物の掘り下げも少し・・・・・・。


と、それではさっそく。


【竜神の虜】
幹比古がまだ魔法科高校に入学する前の話。
彼が”何故”スランプに陥ったのかが明かされましたが、いや、この人も地味に凄い人物なんだよな、と。
ただ、この話を読んでみると少し印象が変わってくる部分もあります。
才ある故の悩みと、苦しんだ末に手に入れた物。
”彼””彼女”が将来どんな未来を紡いでゆくのか、楽しみですね。


【ショットガン!】
九校戦代表選手、英美国東 久美子が競技優勝を目指す話。
競技変更の影響を受け、新たに登場した水上射撃レース『ロアー・アンド・ガンナ』でペアを組むことになった二人。
射手、操縦主としてそれぞれの課題に挑むのですが、某お兄様が”色々”と手を貸してくれた結果なんとも凄すぎる光景に・・・。
なんだか”達也”に慣れてない人の反応が久々だった気もしますが、やってる事がやってる事ですからね。(笑)
ちなみに一番割を食ったのは吉祥寺だと思います・・・・・・いや、彼自身優秀な技術者のはずなのに。
ところで”魔弾”散弾型インビジブル・ブリッド・・・英美も中々に壊れてきたな・・・。(笑)


【一人でできるのに】
先に同じく九校戦代表、花音が競技優勝を目指す話。
今回は『アイス・ピラーズ・ブレイク』にペアで出場することになった二人ですが、それぞれの魔法の”性質”から思うように戦略を立てられずにいたところに達也からアドバイスを受けることとなります。
ただ、リスクのある戦術もの実力により効果的に実行出来るわけですが、分かっていても中々に難しいだろう、と。(笑)
それと花音の魔法は個人戦向きな気もしますが・・・・・・うん、とりあえず一番割を食ったのは吉祥寺でしたね。(二回目)


【目立とうミッション】
こちらはところ変わって第四高校黒羽 亜夜子文弥サイドの話。
間違いなく”一年生世代”において頭一つ以上抜きんでた実力を持つ双子ですが、手加減することに苦労するのかと思いきや「本気を出す」ことに苦労する話となりました。
四葉当主である真夜の期待に応えるべく”目立つ”ために四苦八苦していましたが、それでもやりこなす辺りがこの姉弟らしいですね。
また、主役を務めるのは珍しいですが、普段では見られない意外な”関係”が面白かったかも。
うん、文弥は将来悪い男になれそうですね・・・。(笑)


【薔薇の誘惑】
レオエリカに焦点が当てられた”もう一つの物語”
本来の主人公である達也深雪に全く触れずに進んでいく彼らのお話なのですが、結果としてこれで解決・・・とうわけではないのかな?
あとがきにも「それっぽいこと」が記述されていましたし、もしかしたら今後も続くのかもしれないですね。
一方で意外だったのは二人の意外な”繋がり”や、レオの能力の掘り下げでしょうか。
割と初期の頃に伏線かな、と思っていたものが今になって回収されるとは・・・。(笑)
あとはこの二人の何とも言い難い関係、結構好きなんですが最後はどんな”形”に収まるのやら。


と、今回は以上です。

特に面白かったのは【竜神の虜】【ショットガン!】かな。
前者は幹比古の”変化”が良く描かれており、後者は最もユニークな話だった印象があります。
本編も気になりますが、こういったサイドストーリーもまた味わい深いですね。

あとは、気になったところで言えば今後にどう影響してくるのかな、と思ったものがちらほらと。
『竜神』『水晶眼』ぼこぼこにされていた吉祥寺注目度が高まる黒羽姉弟、そしてレオエリカ

物語も終盤へと突入する中、”彼ら”がどのような物語を繰り広げていくのか、楽しみですね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コミックマーケット初訪問!(長文注意)

(以下の日記は、mixi上の同一題名の日記のココログ版です。) あけましておめで

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト