おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅうおうのおしごと! 3巻 感想

あらすじ

「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」

宿敵《両刀使い》に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して《捌きの巨匠》に教えを乞う。
一方、八一の憧れの女性・桂香は、研修会で降級の危機にあった。
急激に成長するあいと、停滞する自分を比べ焦燥に駆られる桂香。
「私とあいちゃんの、何が違うの?」
だが、あいも自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうと知り、勝利することに怯え始めていた。
そして、桂香の将棋人生が懸かった大事な一戦で、二人は激突する――!

中飛車のように正面からまっすぐぶつかり合う人々の姿を描く関西熱血将棋ラノベ、感動の第三巻!!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 白鳥士郎(しらとり しろう)  イラストレーター しらび  監修 西遊棋(さいゆうき)
感想

うん、ボロボロに泣きました・・・・・・。
なんて言えばいいんだろう・・・多くの”想い”が伝わってくる物語、なのかな。
ともあれ、本当に凄いのただ一言を述べさせて頂ければと思います・・・。



さて、今回は【才】を軸に複数の物語が繰り広げられていきました。

竜王・八一はデビュー戦以来三度の敗北を期した「宿敵」に打ち勝つための【成長】

あいはその才能の高さ故に『勝利してしまう』、『潰してしまう』ことへの【恐怖】

そして、桂香は勝つために打ち込む”研究”という名の【停滞】


【才能】が確かに存在し、どれだけ努力をしようとも報われる者とそうでない者が明確に現れる『将棋』という世界の中、彼ら彼女らは自身の壁とぶつかることとなります。


研究を怠ることのない八一の”宿敵”、山刀伐 尽
――ずっとずっと、キミのことだけを想い・・・・・・キミを研究し続けてきた・・・・・・――


《捌きの巨匠》の異名を持つ振り飛車の名手、生石 充
――竜王があんなのに負けてくれるなよ――


”才”なき《捌きの巨匠》の娘、生石 飛鳥
――私に・・・・・・・・・・・・将棋を教えて下さいッ!!――


将棋歴が長いあいの友人、水越 澪
――さあさあ! 澪の中飛車左穴熊の相手になるやつはどいつだー!?――


高みへと手を伸ばし続ける最強の女流棋士、空 銀子
――自分でもわかってるでしょ?桂香さんの将棋には芯がない――


その中で出会う多くの人たち。
進みたいと願う道を照らす者望まぬ道を”創りだした”者道が間違っていると指摘する者など在り方は様々でしたが、ただ一つ言えるのは、誰しもが八一たちの道標となったという紛れもない事実。

あったはずのプライドもが砕かれ、”それまで”が失われる事もありました。
しかし、それでも《将棋》という世界で上り詰めるため、”挑戦者”たちは先見えぬ新たな道へと踏み出すこととします。

また、そんな物語の中、伝わってくる”想い”には様々な『かたち』がありました。

それは高みを目指す”熱”、成長し続ける事への”恐れ”、自身も『次元』を越えたいと”憧れ”、勝ち続けるが故の”驕り”、自身の弱さを表す”卑屈さ”、そして夢を叶えたいという”願い”

将棋を好きだから、才能があるから、その姿に憧れたから・・・・・・。
触れ始めた理由は人それぞれとなりますが、それでも棋士たちは同じ土俵で相見えることとなります。

積み重ねてきた時間を、募らせてきた想いを、何よりも真摯に向き合ってきた自分を信じ、真に見据えることの出来る者のみが進むことを許される世界の中で【才】よりも大切な何かをその目で見つけだし、


そして、彼らはその先に『答え』を出す。



・・・何百億・・・・・・? ・・・・・・・・何千・・・・・・・・兆・・・・・・?

跳び越えたのよ。その全てを。八一は跳び越えたの。


最強の棋士・名人山刀伐が紡いだ”千時間”に”奇跡”を咲かす若き竜王


わたし、もう・・・・・・・・・ここで・・・・・・・・この場所で――

わたし、もう・・・・・・・・負けたくないッッ!!


見失いかけた自信の先、己と向きあった鬼才の少女


・・・・・・私はそんな私が嫌いだ。

弱い自分が大ッ嫌いだ!


自ら作っていた殻を破り、前へと歩きだす”夢”を見た研修生


それは、彼らが選んだ次なる”物語”・・・・・・。



十歳の私へ。

二五歳の私は、今でも夢を追いかけているよ。




いや本当、ボロッボロに泣かされました・・・・・・。
以前より苦悩が描かれていた桂香は元より、八一銀子の”物語”もそうですが、あいがぶつかった大きな壁にもまた感じさせられるものがありました。
”明るい世界”の裏で綴られるあまりにも残酷なドラマや、どれだけ細い糸の上を歩いているのかという過酷さ
しかし、それでも進むことへの決意を示す彼らの姿は、本当に素晴らしかったとしか言えません。
同様に一つの”敗北”を知った天衣もまた、これからどのような物語を進んでいくのか、楽しみですね。

また、著者によるあとがきにも心に響く言葉がありました
何を思い、どのような気持ちで今作を描いたのか、かの先生にもまた、”物語”はあるのだな、と。


さて、一つの山場を越えた今作品。
《将棋》というテーマを通じ様々な想いを伝えてくれましたが、今後もどんなドラマが待つのか、今から楽しみです。
示唆された名人の存在なんかに注目しつつ、次回へ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。