おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女はとても溶けやすい 感想

あらすじ

すぐにカッとなり、正体をなくしてしまう。
端的に説明するならば、重栖かなたはそんな女の子だ。
それだけ聞くと、彼女がとても怒りっぽく、我慢できずに周囲に当たり散らすような性格だと思うかもしれない。
だけど実際には・・・まあ実際に、そんな性格をしている(汗)。
そして、すぐにカッとなり、正体をなくしてしまうというのは、比喩でもあり、物理的に文字通りの意味でもあった――。
これは、存在感が薄くてクラスに友達のいない僕が、クラス一美人だと注目されている彼女の秘密を知ってしまったことから始まる、ちょっと変わった物語。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 丸山英人(まるやま ひでと) イラストレーター REI
感想

とある高校の一年生クラスに、”対象的”な男女がいました。
片や存在の希薄さなら誰にも負けない地味な男子生徒。
もう一方は存在感が抜群ながらもその性格故に変わり者として知られる女子生徒。
何ら交わるはずの無かった彼ら二人は、ある日を境に同じ時間を過ごし行くこととなります。
なぜならそれは、少年が少女の秘密を知ってしまったから・・・・・・。


み、みら、見られ、見! 嘘、嘘よね!? ねえ!!


生まれたときから存在感が希薄な地味主人公  久田 深弥
――僕の名前を覚えてくれてた・・・・・・――

常に不機嫌かつ無愛想な美少女  重栖 かなた
――・・・・・・何を、何を企んでいるの?――

やる気のない目つきをした重栖かなた唯一の親友  沖島 文
――大丈夫。私が傍に居るから―― 


教師やクラスメイト、親にすら忘れられてしまい、さらには機械にも気が付かれないほどに存在が希薄な少年 深弥はある日クラス一の美少女の”秘密”を目撃してしまいます。
彼に気が付かず、無防備すぎる姿で『溶ける』かなたの顔。
誰が狙ったわけでもない不幸な出来事から先、かなたの親友であるを交えた、三人の物語は幕を開けます・・・・・・。


人より「融点」が低いらしく、体温が上昇すると極端に柔らかくなると言われるかなたの体質。
怒ったり興奮したり照れたりと、様々な”感情”により『溶けてしまう』恐れのある彼女ですが、しかし感情の豊かゆえにコントロールすることが出来ずにバレてしまいそうになる場面を迎える回数は少なくありません。
そんな日頃の光景からかなたの日常に危機感を抱くは、”秘密”を知ってしまった深弥に対し彼女の体質改善に協力するよう話を持ちかけることとなります。


一方、深弥もまた”存在の希薄さ”に関して、常軌を逸した異質さを感じさせます。
「親が食事を作り忘れる」のは日常茶飯事であり、「出産後退院した母親から病院に置き去りにされる」、「直前まで目の前にいたクラスメイトに忘れ去られる」など、辛く”ありえない”日々を過ごしてきた深弥でしたが、ただ一人かなただけは彼の事を”認識”していました。
同じクラスであることを覚えており、人ごみの中から自分を探し当て、さらには名前すら知っている。
そんな奇跡とも呼べる彼女の存在に、深弥が惹かれていくのは自然であると言っても過言ではないのかもしれません。


そして、深弥かなた『体質改善』は始まります。


ほ、ほら。行こう、重栖さん

し、仕方ないわね!



三人だけの部活動に休日のデート。
かなたの人見知りを直そうと積極的に同じ時間を共有し、少しずつ距離を縮めていく二人ですが、時には失敗してしまう事もありました。
その都度賢明なフォローをする深弥によって危機は免れていくも、やがてどうにもしがたい事態が訪れることとなります。
そして、それこそが彼ら二人の関係を大きく変化させる”原因”となってゆき・・・・・・。


今まで本当に、ありがとう

う、うん。・・・・・・えっ?



ん~・・・・・・いま一つ評価しがたい作品、という印象ですね。
続巻ありきのお話にしても、もう少し”伏線”の回収をして欲しかったな・・・・・・。

深弥かなたの関係性に一つの結末を見せたのは良かったのですが、逆に言えばそれ以外が放置なのは単巻としてみた時に不完全燃焼気味となります。

また、”『溶ける』の意味”が掴み切れなかったのは私だけでしょうか?
後半にいくにつれ”理解”は進んだものの、序盤の「おにぎりを握る話」なんかは普通に怖かったんですよね。
ここら辺が挿絵でカバーできたら良かったのかな、なんて・・・・・・。

と、さて、少し辛口になってしまいましたが、良くも悪くも次が”勝負所”でしょうか。
踏まえて、深弥かなたらがどのような物語を見せていくのか、さてさてどうなっていくのかな?


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。