おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者に期待した僕がバカでした 感想

あらすじ

30年ぶりに現れた勇者を前に、魔王軍は大混乱。
そいつは次々と奇跡的な愚行を繰り出すダメ勇者。
モンスターは勇者を育て、旅を盛り上げ、最後に倒されることこそ本望だ。
それが仕事で人間たちとの秘密の決め事。
だから魔王軍だって楽じゃない。
勇者のバカさを棚にあげ、クレームくれる人間サイドのお偉いさん。
どんなイージーな状況も覆すダメ勇者。
ポカミスだらけの新入りモンスター。その他エトセトラ。
だけど文句は言ってられない。
嗚呼、仕事ってなんだろう・・・・・・。
世知辛い世の中に送る、ファンタジー社畜コメディ爆誕!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 ハマカズシ イラストレーター Ixy(イクシー)
感想

ただのコメディかと思っていましたが、思いの外味のある内容だったことに驚きました。
随所随所のイライラ感は半端なかったですが、そこもきちんと回収してくれた点が良かったです。


と、それでは本編へ・・・。


人間とモンスターが存在する世界。
かつて激突した大戦争は圧倒的戦力を有するモンスターに軍配が上がり、世界はかの種族に支配された。
しかし、やがて派閥が出来始めたことでモンスター同士の争いが起き始める事となる。
派閥・・・後の魔王軍同士の戦いに創造主は絶望し、その無益な争いをなくすため人間に力を貸すこととする。
そして、かの創造主から特別な力をもたらされた存在を、人々は【勇者】と呼ぶ。


モンスターたちは、勇者に倒されることによって来世により強いモンスターへと生まれ変わることができる。

負けることは恥ではない。それこそ誇りなのだ。



苦労の絶えない魔王秘書  エルブランコ
――ルールは守らなきゃいけないが、それが絶対というわけではなく・・・・・・――

ノリの軽い新人研修員  ウニベル
――せんぱーい、ちょっといいっすか?――


物語の舞台は彼ら二人が働くゴルディアス軍が住まう魔王城。
30年ぶりの勇者の出現に沸き立ち、”気持良く敗北しよう”と、モンスターの配置にダンジョンのトラップ、はてはドロップアイテムや宝箱の中身まで『勇者の育成プラン』を計画し、今か今かと待ち侘びている魔王軍のメンバーたち。


勇者に倒されることを夢見る優しき人格者  ゴルディアス魔王
――まぁまぁ言い間違いくらい誰にでもあるよ。ウニベルもがんばって――


辛口成分多めなツンデレ魔法使い  四天王 アマリージョ
――勇者を名乗るなら、せめてこの城までは生きて辿り着いてほしいものね――


熱き戦いを求める戦闘班筆頭  四天王 アスール大帝
――勇者と戦うことをどれほど待ち望んだことか――


力と頭脳を併せ持つ獣人型モンスター  四天王 ベルデラ将軍
――お前はまだ若い。今は迷わないことだ――


頼れるゴルディアス軍の頭脳  四天王 ロホ博士
――お前に勇者の資格があるのかどうか、試させてもらうぞ――


皆が選ばれし【勇者】に誇り高く敗北することを望み、士気高く準備を進める魔王四天王、そしてゴルディアス軍一同でしたが、不幸にもとある情報が彼らの耳に届くこととなります。


問題が起こりました。勇者の行動に予期せぬ事態が

勇者がドラゴンスレイヤーではなく、こん棒を買ったという情報が入ってきました。



成長の余地ほぼ皆無のダメ勇者  マヨール
――いや、だって、とりあえず帰らなきゃいけないんです。朝になったし――
年齢は過去最年長の30歳。
大学を卒業するも就活に失敗し母親と二人暮らし。
アルバイトも長続きせず母親の内職で生活をしている紛れもないニート。
スポーツ、武術共に経験なし。
レベルの上昇に伴うステータス値が異様に低く、魔法の素養もない。


そんな、プロフィールの時点で絶望すら感じるマヨールを、一人前の勇者に仕立て上げるため奮闘するゴルディアス軍。
しかし、それ以上に見せる彼の臆病にも思える不可思議な行動の数々がエルブランコたちを悩ませていきます。

そして、もう一つ。
”勇者法”を掲げる、勇者とモンスターを管理する機関『国際勇者協会』もまた物語をややこしくする役目を担います。

マヨールの失態をすべてモンスターサイドの責任だと叱りつけ、理不尽な要求を繰り返す勇者協会
本来であれば手を取り合うべき関係であるはずにも関わらず、権力を笠に一方的な罵声を浴びせ続ける彼らに対し、しかしぐっとこらえ対策を練り続けるゴルディアス軍
しかし、物語は意外なところから流れを変え始めることとなり・・・・・・。



恐らくですが、社会人の方には共感できる部分が多い話だと感じました。
表面では喧嘩しつつも、羨ましいほどに仲の良いゴルディアス軍。
一方で、話し方、考え方が”嫌な上司”を見事に連想させる勇者協会。
そして、見ていてイライラする”考えの分からない”勇者。

まさに「社畜コメディ」と言わんばかりに、なんなら職場にいるのではないかと錯覚させるような内容だったのですが、それ以上に凄いと思ったのは一本紐が通った後の話のひっくり返り方でした。
ただ一つ情報を”通す”だけで物語は大きく色を変えることとなります。
気付けそうで気付かない、そんな気持ちの良い”謎”だったのかな、と。


と、こんなところでしょうか。

本当はもう少し含んだ内容が展開していくのですが、そちらはぜひご自身の目で確かめて頂ければと思います。
着地点も綺麗に感じたので、続刊があればぜひ期待したいところです。

・・・・・・ゴルディアス軍で働いてみたいな・・・・・・。(笑)


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
4位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。