おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この素晴らしい世界に祝福を! 9巻 紅の宿命 感想

あらすじ

「その者こそは私が求め続けていた宿命のライバルでしょう!」
魔王軍幹部の一人、邪神ウォルバックの手により、王都が危機に陥っている
――そんな知らせを耳にしためぐみんは、イヤがるカズマを引き連れて、戦いの最前線となっている王都付近の砦へと向かう。
そこで判明したのは、邪神ウォルバックも爆裂魔法の使い手であるという事実で――。
再び狙われるちょむすけ、めぐみんを襲う過去の因縁、最強の爆裂魔法と爆裂魔法が今、交差する!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 暁なつめ(あかつき なつめ)  イラストレーター 三嶋くろね(みしま くろね)

感想

すごかった・・・・・・。
うん、なんかいろいろすごかったです・・・・・・。(笑)

「このすば!」らしいお話であり、同時に凄まじいまでのラブコメ成分と、そして訪れるしんみりとさせる”物語”。
本当に、目を離すことを許さない作品だな、と。


さて、それではまずは本編より・・・・・・。


今晩私の部屋に来ませんか?そこで大切な話があります

以前から微妙な距離を保ち続けていたカズマめぐみん
ヘタレたりタイミングが悪かったりと、これまで今一つの進展が見られなかった中でのめぐみんからの誘い。
どうしたって期待してしまうカズマでしたが、しかしなぜか始まるダクネスとの物語・・・・・・。

・・・・・・な、なぁカズマ・・・・・・。
こんな時なのに、トイレを我慢させられているこの状況が少し楽しくなってきた私は変なのだろうか

よし、もうお前は出きるだけ黙っていろ。極力喋らないでくれ


・・・・・・・・・・・・物語・・・・・・。(笑)

と、そんな茶番はさておき、一方でカズマめぐみんを巻き込む”物語”が大きく動き出していきます。


それは、ある日の新聞の記事。
王都近くの最前線にある砦が、魔王軍に襲撃されているという情報を得たカズマは、しかし当然の如く危険な場所へと向かう必要はない、最前線にいる他の高レベル冒険者たちに任せればいいと、いつもながらの自堕落な日々を送ろうとします。
しかし、『邪神』という言葉に惹かれためぐみんを筆頭に、貴族として国を守りたいダクネス、そしてジャバウォックの名に覚えのあるゆんゆんたちの希望を断ることも出来ず、一行は戦いの舞台となる砦へ向かうことに。
情報通りであれば、問題となっているのは魔王軍の幹部『邪神ウォルバック』唯一人。
なればこそ、かの存在をめぐみんの爆裂魔法の下一撃で葬り去ろうと策を練るカズマでしたが、やがてとある事実を目の当たりにすることとなります。


ああ。魔王軍幹部ウォルバックは、爆裂魔法を使うんだ


倒すべき魔王軍の幹部であり、完全復活の為に半身であるちょむすけを狙う因縁の相手であり、なにより・・・かつて爆裂魔法を魅せた命の恩人・・・・・・。
探し求めた人物が敵であり、しかも自分のことを覚えていない。


予想だにしなかった出来事を現実に突きつけられ、めぐみんはやがて自らの歩みを止めてしまいます。

俯き、同様の苦悩を抱くゆんゆんの言葉も耳に届かず膝を抱える。
それでも時間は止まる事などなく、やがて戦局が傾き始め一つの選択を迫られた時、そんな下を向いためぐみんに手を差し伸べたのは他でもないカズマでした。


・・・・・・どうしたい?

・・・・・・えっ?



何でもないような、遊びにでも行くような、そんないつも通りの口調で、しかし確かに支える仲間の言葉。
そして、誰よりも、時間を共にしてきたカズマだからこそ意味を持つなんてことない会話・・・・・・。


紅魔族っていうのは、美味しいところを持っていくものなんだろ?


だからこそ、伏した少女は再び前を向く。
大切な人の言葉を背に受け、逃げることなく向き合うために。

そして、少女は言葉を贈る・・・・・・すべてを賭した、最強の爆裂魔法と共に・・・・・・。


あなたにずっと言いたかった事と、見せたかったものがあるんです


いや、重ね重ねですが本当にすごかったです。
スピンオフの伏線も見事に回収し、それ以上にめぐみんの成長が伺えた今回の話・・・・・・ほんの少しだけ涙がこぼれてしまいました。

また、上記のシリアス成分もそうですが、合間合間で見せるこの作品らしいギャグのオンパレードもまたさすがの一言。(笑)
最早天界に帰ることを諦めていることが発覚したアクアやにじみ出るぼっち気質に涙を禁じえないゆんゆん、そしてキャラがブレ続けネタにされるダクネスなどなど、相も変わらない残念な光景が遺憾なく披露されました。

そして、本編のクライマックス同様に盛り上がるのはカズマめぐみんの甘い関係
ついにラブコメになったのかと思う程に交わされていく二人のやり取り。


ほら早く、言っちゃえよ!っていうかもう半分言ってる様なもんだし!

愛してますまではまだ言ってませんよ、勝手に拡大解釈しないで下さい!!



・・・・・・うん。本当に甘すぎてお腹が一杯なんですが・・・・・・。
しかも、これでまだ序盤のやり取りであり、この後・・・・・・・・・・・・うん。
それでいて挿絵がまたいい仕事をしてるもんだから思わずニヤニヤしちゃうわけで・・・・・・。(笑)

また、なんやかんやでダクネスも言葉の端々からもうカズマしか認めないような話をしているし・・・かと思えば一番”相棒”をしているのがアクアだったりとなんとも順調なハーレムだことで・・・・・・まぁ、某女神さまは無いかな。(笑)


ともあれ、そんな笑いあり、涙ありの話を楽しんだ・・・・・・かと思いきや最後の幕引き

ついにやって来た”彼女”の出番に、いよいよカズマのターンがやってきそうな予感が・・・・・・。

変わり始めた関係、進んで行く物語にも注目しつつ、次回に期待大ですね。


・・・・・・”サトウ”の名は、はたして偶然か、それとも・・・・・・。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

感想お疲れさまです&ありがとうございました。
最近の記事でも少し言いましたが、現在トップクラスでハマっている作品なのでこの感想はありがたかったです(笑)

>「このすば!」らしいお話であり、同時に凄まじいまでのラブコメ成分と、そして訪れるしんみりとさせる”物語”。
言われる通り「このすば!」最大の魅力はネタとシリアスのバランスが絶妙であると感じています。

あと>また、上記のシリアス成分もそうですが、合間合間で見せるこの作品らしいギャグのオンパレードもまたさすがの一言。(笑)
シリアスの中にもネタを挟んでいくことで気軽に見るのも進められているのもなお良いかとw展開の広げ方の成功例の一つを見ている気持ちですねー

感想を読んで9巻はそれらのいつも通りの形に加え、燃えとラブコメ要素が割高という印象でした。
ヤバイなーw燃えとネタが大好物の自分にとっては、かなり興味が湧いていますwまだ現物を試し読みしてないので何とも言えませんがSHINさんの感想を読んで、購入する可能性は少なからず上がりました(ネタは毎度安定しているので、めぐみん関連でどこまで熱くなれるか…ですかね)

Re: No title

うん、まぁ言ってしまえばいつも通りのアホ話がほとんどなので、気負いなく読んで頂ければいいのかな、と。(笑)

通常版は7/1発売なのでもう少し先の楽しみとなりますが、期待以上の内容となりましたので、ぜひ読んでみて下さい!
めぐみん成分はこれまで以上にたっぷりです。(笑)


> 感想お疲れさまです&ありがとうございました。
> 最近の記事でも少し言いましたが、現在トップクラスでハマっている作品なのでこの感想はありがたかったです(笑)
>
> >「このすば!」らしいお話であり、同時に凄まじいまでのラブコメ成分と、そして訪れるしんみりとさせる”物語”。
> 言われる通り「このすば!」最大の魅力はネタとシリアスのバランスが絶妙であると感じています。
>
> あと>また、上記のシリアス成分もそうですが、合間合間で見せるこの作品らしいギャグのオンパレードもまたさすがの一言。(笑)
> シリアスの中にもネタを挟んでいくことで気軽に見るのも進められているのもなお良いかとw展開の広げ方の成功例の一つを見ている気持ちですねー
>
> 感想を読んで9巻はそれらのいつも通りの形に加え、燃えとラブコメ要素が割高という印象でした。
> ヤバイなーw燃えとネタが大好物の自分にとっては、かなり興味が湧いていますwまだ現物を試し読みしてないので何とも言えませんがSHINさんの感想を読んで、購入する可能性は少なからず上がりました(ネタは毎度安定しているので、めぐみん関連でどこまで熱くなれるか…ですかね)

この素晴らしい世界に爆裂をの方でめぐみんの好みがカズマとは正反対だったけど何だかんだカズマが好きですってなってたし
カズマも好みがめぐみんとは反対で何だかんだ似た者同士で結構あってるかなと思ったな
まぁ個人的にめぐみんloveなんすけどね笑笑
まぁカズマの好み聞いてこれゆんゆんじゃないかなと一瞬思ってしまったけど
ウォルバックとの決着のシーンで師匠を超えられた感がものすごく良かった
けど何か切なさも感じたなこのすばってギャグだったりシリアスだったりシリアスっぽい雰囲気の逆だったり普通に泣かせに来たりラブコメだったりといろんな要素があってすごいと思う
めぐみん好きの俺にとって9巻はめぐみんの色んなとこ見れてよかったと思うw
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。