おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅうおうのおしごと! 4巻 感想

あらすじ

「わたし、もっともっと強くなって・・・・・・絶対に勝ちますっ!!」

小学校が夏休みに入ったその日、あい達は東京を目指していた。
目的は――最大の女流棋戦『マイナビ女子オープン将棋トーナメント』。
女流棋士やアマチュア強豪がひしめくその大会を、あいと天衣は破格の才能を武器に駆け上がって行く。
一方、その師匠はというと……弟子に隠れて美人女流棋士と将棋番組でイチャイチャしたかと思えば、その翌日は別の女の子と原宿で手繋ぎ デート!? しかもそのお相手は・・・・・・銀子!?

将棋に全てを捧げた女性達が織りなす灼熱の祭典を描いた第四巻!
人生で最も熱い夏が今、始まる。


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 白鳥士郎(しらとり しろう)  イラストレーター しらび  監修 西遊棋(さいゆうき)
感想

さて、今回は女性陣、あい天衣、そして桂香による『マイナビ』への挑戦が物語の主軸となって繰り広げられていきました。
『マイナビ女子オープン』・・・・・・女性棋士たちによるいわゆる世界最強者決定戦。年に一度のみ開かれる、プロアマ問わずに参加が可能な女流将棋最大にして最高権威の棋戦。
そんな最大級の大会に挑戦することとなったあい天衣桂香の三人は、まず”予選の予選”と例えられる『チャレンジマッチ』に臨むことになり・・・・・・。

一方、そんな弟子たちの初公式棋戦を楽しみにしている八一でしたが、その傍らで彼もまた最大の正念場を迎えようとしていました。
『竜王』のタイトルを得てから初となる防衛戦、第30期竜王戦
タイトル所持者として負けられないその一戦の、自らの相対する挑戦者がついに決定し、その相手はなんと・・・・・・。


”いま最も人気のある女流棋士”、鹿路庭 珠代
——今度、その・・・・・・研究会をさせていただけません、か・・・・・・?――

《エターナルクイーン》の異名を持つ女流棋界の第一人者、釈迦堂 里奈
――だからこそ、心だけは強く在らねばならないのだ――

竜王戦挑戦者決定戦に臨む八一のライバル、神鍋 歩夢
――我は神を殺す。そして貴様の待つ王座へと至る。覚悟しておくのだな――



八一銀子桂香、そしてあい天衣
他にも多くの人物たちが色輝くこの世界。
そして”誰か”がではなく、”誰も”が可能性を感じさせる物語。


それでも私は、女流棋士になりたい


例えどんな未来が待っていようとも、


盤上だけは嘘をつかない。盤上だけは嘘をつけない


例えどんな現実を目の当たりにしても、


・・・・・・この一手に総てを賭けるッ・・・・・・!


それでも上を向き続ける信念を抱く志し高き棋士たち。


しかし、ここは勝負の世界。
勝てば進み負ければ終わる・・・・・・そんな非情な世界に、圧倒的な”才”を持つものがいました。


《女流帝位》を冠する究極のエゴイスト、《捌きのイカヅチ》 祭神 雷
――やいち。将棋指そ♡――

言動がヤバイと言われる以上に独特なスタンスを貫き、しかしかつて銀子と対局した際には、不意に生じた反則により敗者となったものの盤上では終始優勢に立っていた圧倒的な棋力の持ち主。
そして、それ以上に最強の女流棋士と称される銀子をも凌駕する”才”の持ち主にして、八一と同様に”見えている”者


つまんないんだよぉ。毎日がさぁ。対局がつまんないんだよぉ。女流棋士なんてさぁ

空銀子も釈迦堂里奈も月夜見坂燎も供御飯万智も、みぃんなニセモノさぁ



プロ棋士に劣るとされる女流棋士たちを見下し、過去の経緯から”本物”である八一を求め続ける

そんな彼女が目を付けたのが、マイナビに出場する一人のアマチュア・・・・・・竜王の弟子

かつて自分が否定されたその”場所”に居する者を、愛しい”彼”の前で跪かせる。
ただただ強くなるために、八一と将棋を指し続けるために邪魔な障害を排除する。


そんなまさに”究極のエゴイズム”が牙を剥く中、対する者もまた一つの覚悟を決める。



そして始まる最大の勝負


・・・・・・やってやれ、あい


こう、こう、こう、こう、こう、こう、こう、こう、こうこうこうこうこうこうこうこうこう――――


ひひひ! ひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ!!

あははぁ! なぁんだぁ・・・・・・そういうことかぁ・・・・・・お前も見えてるんだぁ!!



繰り広げられるのは超力戦
誰もを置き去りにし、その場に居合わせる者すべてを呑み込む異才同士の対局

読み、速度、そして才能、何もかもをぶつける両者の戦いの中、やがて決意の一駒が盤上へと姿を現した時、局面は大きな流れを生み出す


あなたにわたしの竜王が取れますか


いや、熱い・・・・・・!!

この作品には八一という明確な主人公がいるわけですが、そんな彼に負けず劣らずな”物語”を紡ぎだす登場人物が本当に多いですよね。
それぞれに一つの結果を見せたあい天衣、大きな転機を見せる桂香と、何かを感じずにはいられなかったであろう銀子
新たに登場した珠代も、最後まで見るとそれまでの行動に違った色が付きますし、歩夢も対局を経てまた大きく前進したような印象を受けました。

毎度のことながら、本当に心を動かされる物語だったなぁ・・・・・・と。

ただ、それらの話をも超えてしまうと思われるのが次回の話なわけでして・・・・・・。


”もう一つの激闘”の先、ついに始まる八一最大の試練。

とある事情から誰もが偉業を、つまるところ現竜王の敗北を望む戦い

才能、経験、努力、そして強き心。
すべてを兼ね備えた最強の相手を前に、しかし背中を支えるのは二人の弟子たち

そして、彼女たちからの”贈り物”を胸に秘め若き竜王は歩き出す。


第30期竜王戦 竜王・八一 対 挑戦者・名人


物語の最大の山場にて果たして何が起きるのか・・・・・・。
ただ一人”未来”を感じさせた八一の活躍に期待しつつ次回へ。


勝とう。

誰が来ても。どんな強敵が相手でも。

俺のために戦ってくれた、この子達のために。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょうど私がこのシリーズを手に取って読み終わったのと同時に更新再開。うれしい!
熱い作品でした。そしてここの記事も熱い記事でした。
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。