おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この素晴らしい世界に祝福を! 10巻 感想

あらすじ

「私、この国のために頑張りますから」
魔王軍との戦いに備え、王女アイリスみずから隣国エルロードに資金援助を頼みにいく。
ついでに婚約相手の王子にも会ってくる――その知らせを聞いたカズマは、可愛い妹の婚約を阻止するべく(あと資金も獲得するため)、護衛を引き受ける。
無事到着した一行を迎えたのは、王子の「支援は打ち切り、婚約も破棄」という無情なひと言で!?
王国のためアイリスのため、カズマの頭脳と強運が冴え渡る!!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 暁なつめ(あかつき なつめ)  イラストレーター 三嶋くろね(みしま くろね)
感想

前回の騒動の後、カズマの元に届いた一通の手紙。
そこで王女アイリス直々に依頼されたのは隣国エルロードへの旅の護衛
アイリス王女の目的は魔王軍との戦いに備えた資金援助の嘆願・・・だけに留まらず、彼女の婚約者との初顔合わせまで・・・・・・。

”可愛い妹”の一大事を決して見過ごせないと動き出すカズマに対し、外交問題に発展するのではないかと危惧するダグネスはなんとかこの一件を阻止できないものかと施策するのだが・・・・・・。


”兄”を慕う武闘派第一王女、アイリス
――お久しぶりですお兄様。お待ちしておりました・・・・・・!――


その後、アイリスカズマ一行少人数での珍道中の先、ついに辿り着くカジノ大国エルロード
様々な評判の飛び交うかの地にて、目的を果たそうとするも、しかし待ち受けていたのは友好国とは思えぬほどに冷たい言葉の数々。


民に軽視されるプライド高き王子、レヴィ
――まったく、これだからベルゼルグの田舎者は・・・・・・――


そして、肝心の資金援助も口数少ないうちに打ち切られてしまう一行・・・・・・


政治を主導し国を支えるエルロードの宰相、ラグクラフト
――アイリス様の頼みでもこれ以上の防衛費を負担することは出来ません――


・・・・・・ただ、当然その程度で意気消沈する者などおらず、必要ならば武力行使も厭わないとばかりの問題児集団


王子、アレは紅魔族です、魔王ですら一目置いている厄介な連中です!

王子、アレはアンデッドよりしぶといと言われるアクシズ教徒です!

王子、あそこに見えるのはダスティネス卿です!



そんな!せめて二割でお願いします!

ヒッ、剣先を向けるな・・・・・・、おい、近い!剣先が頬に触れている!



やがてアイリスアクアめぐみんダグネス、みんなの行動が一つの結果へと結びついた時、一国を相手にするには貧弱な、されど”最悪”の相手が笑いながら歩を進める。


後はお兄ちゃんに任せとけ


”妹”の頑張りを、力に変えて、
・・・それは、”兄”が起こす奇跡の逆襲劇


もしかしたら今も見守ってくれているかもしれない、意外と勝負好きな陽気なお頭の顔を思い出しながら

ほんの少しでいいので意外とイタズラ好きなあの女神様が力を貸してくれるよう、天まで届けと声高に


いってみよう!




いや、笑った。
基本的に本筋としてはシリアスなはずなのに、さすがこの作品らしいコメディ色の多さは何とも・・・・・・。(笑)

ほぼほぼメインヒロインとなりつつあるめぐみんに対し、色モノになりつつ(?)あるダグネスと、相も変わらない扱いのアクア
そんなところにこれまた個性的な妹系武闘派王女アイリスが加わったからとにかく濃いの一言。(笑)

ちなみに、その王女様の戦闘力が明かされたわけですが・・・・・・これってミツルギよりも強いのでは・・・・・・?
カズマのパーティに不足していた前衛剣士が現れたわけですが、とにかく強すぎて”RPGのラスボスに挑めるレベル”とすら言われるほど。

ただ、一方でアイリスの”本名”や、代々伝わるとされる神器かつての勇者の話など、今後に向けた伏線がいろいろと張り巡らされていた印象がありました。
・・・まぁ、前回の”サトウ”の名もそうですが、ここら辺がシリアスに本編に繋がってくるのかは謎ですがね。(笑)

他にもカズマたち一行エルロードでの暴れっぷりや、天然に”ボケ”をかますアイリスの話は色々な意味でさすがというか・・・・・・うん。
なんていうか・・・この人たちは本当に成長しないんだろうな・・・・・・と。(笑)

そういえば、めぐみんアイリスの関係が少し変わっていましたが、これはWEBで掲載されているスピンオフに関わってくるのかな?
気になる人はそちらを見てみるといいのかもしれないですね。


さて、再び活躍の場があるであろうアイリスを見送りつつ、次は”あの集団”が現れるとのこと。
一応物語として徐々に終盤に近付いているようにも思えますが、そろそろ”爆焔”の時の伏線を回収していくのかな?

今回の”エピローグの後の話”に微笑ましさを感じつつ、次回の大騒動に期待したいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

砂風呂で干からびた男から妙に男気を感じたんだよなぁ
プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
3位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。