おすすめサイトの新着記事

スポンサーサイト

小説版 グリモア ~私立グリモアワール魔法学園~ 感想

あらすじ

今から約三〇〇年前、突如として現れ、人類を無差別に襲いはじめた謎の怪物“霧の魔物”。
この魔物に最も有効な対抗手段は、魔法使いに覚醒した人間のみが使用できる“魔法”の力であった。
ある日、その力に覚醒した笠置佑也は、魔法を学ぶため「私立グリモワール魔法学園」に入学することに…。
そこは、男女比二:八の美少女ばかりの学園だった!?
魔法使いの美少女たちとともに、人類の脅威を相手に戦っていく大人気の学園アドベンチャーゲームが、待望のノベライズ!!


※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください・・・。

みなさまの1クリックがブログを発展させます!!m(__)m



著者 くしまちみなと  イラストレーター CUTEG
感想

2014年8月に株式会社アプリボットからリリースされたソーシャルゲーム『グリモア~私立グリモワール魔法学園~』
豪華な声優陣や一部のイベントを除き、ほぼ完全にフルボイス化、またその可愛らしいイラストからは想像も出来ないような先の読めぬシリアスなストーリーが評判となっている人気作がついにノベライズ化される事となりました。
そして、かくいう私もプレイしている側の人間としてとても楽しみにしていた作品だったのですが、さてではその感想を綴っていこうかと思います。

と、それでは早速・・・・・・。


そうですね、私的には少し物足りなかったかな、という印象でした。

内容としてはまさにプロローグ。原作の1話と2話、3話をノベライズ版に編成した物語で、ゲームを知らずに読み始めても分かりやすいと思います。ただ、”その後”を知っている人からすれば、やっぱりその続きを求めてしまうのかな、と。

反面、短い物語の中に色々な情報が分かりやすく詰まっていたのはとても面白かったです。
主人公である笠置 佑也(原作での呼び名は”転校生”)の無力さと異質さ、そして後に繋がる”役割”などを中心に、彼と学園の少女たちとの交友は原作にも似た雰囲気を感じ、違和感なく読み進められたのはとても良かったです。


そんな中である意味凄いと思ったのは、原作では今も明かされていない”転校生”の名前を出したこと。
この作品の場合、伏線が非常に多く、なんなら主人公がずっと”転校生”呼びされていることすら意味があるのではないかと勘繰っていましたが、まさかこうもあっさり公開されるとは。(笑)
ただ、原作ではいまだ”転校生”なので、ノベライズ版の名前、あるいはパラレルワールドみたいなものなのかもしれないですね。


あとは、あれだけ多くの少女たちの中から、見事に”初期メンバー”だけ登場させたのも面白く感じました。


”転校生”の最初の友人、南 智花
――わたし、南 智花って言います。同い年ですね。よろしくお願いします――

スクープを求めて”転校生”に近づくパパラッチ娘、岸田 夏海
――さあ転校生、あること無いこと話してもらうから、覚悟してね!――

刀を振るう冷静沈着な巫女少女、神凪 怜
――誰も・・・・・・死なせない、か――

『精鋭部隊』所属の軍師見習い、守屋 月詠
――アンタがどれだけ弱いのか、ツクがハッキリと教えてあげるわ!――

回復魔法でみんなを癒す保健室のお姉さん、椎名 ゆかり
――心配しなくても大丈夫よ。火傷は綺麗に治ったわ――


正確に言えば、生徒会長の武田 虎千代研究者の宍戸 結希小説版では師匠位置の東雲 アイラ、など他にも若干名登場していましたが”転校生”とともに焦点が当てられたのは上記の5人でした。
期待していたキャラが登場しなくてがっかりした人はいるかもしれませんが、私としてはシンプルに分かりやすかったと感じましたし、それぞれの”らしさ”が表れつつ”あの頃”はそんな感じだったな・・・みたいな感傷が・・・。(笑)


印象的だったシーンは、”転校生”と智花が電話をする場面でしょうか。
まさか”そのまま”入れてくるとは驚きでしたが、グリモアの”日常”が表れているひと時にほっこりしました。

一方で面白かったのは、終盤の対抗戦の下り。
無力な”転校生”が成長の兆しを見せる流れは、原作を知っていればこその感動がありますね。


と、さて簡単に感想を書きましたが今回はこんなところでしょうか。

これは続刊が出るのかな?
先述にありますように、物足りないと言うのはまだまだこれがプロローグに過ぎないため。
これから起きる魔物との大戦争、そしてその先で知る”世界の秘密”など、目が離せなくなる物語がこれからいくつも待ち受けているのですが・・・まぁ、さすがにそこまでやったらきりがないですね。(笑)

ただ、作中でフラグが立っていた”第七次侵攻”まで描かれると、今作の”意味”もだいぶ変わってくると思うので、ぜひ期待したいですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHIN

Author:SHIN
ブログを開設してから一年が経ちました。
今後ともよろしくお願いいたします。

現在は私事により不定期更新中。

毎週の更新予定は『今週の予定』よりご確認ください。

@SHIN_seasons

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
当サイトの閲覧者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ライトノベル
5位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

皆様の1クリックでブログが潤います^^
注目のゲーム


RPGツクールMV
2015/12/17

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
2016/3/31

アイドルマスター プラチナスターズ
2016/7/28

ファイナルファンタジー XV
2016/9/30
Twitter
リンク
リンクフリーとなっています!! 相互リンクを希望していただける方はご連絡ください^^
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
スポンサーサイト